スマレジ 顧客管理

スマレジ 特徴【スマレジの顧客管理や手数料】

「レジ業務を効率化したい」
「レジ締めで不足金が出て困ることが多い」
「売上や在庫を一元管理したい」
「電子マネー・クレジットカード等のキャッシュレスに対応したい」
「予約から来店、注文、売上までシームレスに連携したい」

という方にはクラウド型のPOSレジがおすすめです。

なぜなら、クラウド型のPOSレジを使うと業務効率の改善や売上げアップにつながるからです。

具体的には、

メリット
  • iPad、iPhone、iPod touchなどを利用し、低コストで導入できる
  • 顧客情報・予約・来店・注文・オペレーション等をシームレスに連携できるので業務効率が改善される
  • 売上や在庫・発注を一元管理できるので、データに基づいた経営判断でき売上げアップにつながる
  • 月々の利用料が安いので導入しやすい
  • クラウド型なのでいつでも最新の機能を利用できる
  • 在庫管理や発注・棚卸しなどのバックヤード業務の負担を軽減

といったメリットがあります。

クラウド型のPOSレジはいくつか種類がありますが、
機能が充実しているのに月々の利用料が安い「スマレジ」がおすすめです。

しかも1店舗だけなら無料で利用できます。

スマレジの機能の例を挙げると

機能の例
  • レジ業務の効率化
  • 売上管理
  • 在庫管理
  • 顧客情報の管理
  • 外部システムとの連携
  • 飲食店、アパレル、美容院、クリニック等ほとんどの事業に対応

などがあります。

他にも事業内容に合わせた機能が豊富に用意されており、大抵のことは実現可能です。

近年では消費税率が変わったり軽減税率が導入されるなどの法改正が多く、その度にレジシステムの変更が必要です。

そのようなときでもクラウド型POSレジなら何もしなくても、無料でシステム側で勝手に対応してくれます。

法改正への対応に時間を取られても売上げアップにはつながりません。

クラウド型POSレジなら本来の事業に集中でき売上げアップへ貢献できます。

\気軽に使える無料プランあり!/ クラウド型POSレジの資料請求はこちら

POSレジを導入したいけど迷っている

最新のPOSレジで作業効率を改善・・・こんな悩みはありませんか?

迷っているだけで何も手を付けないと・・・

何も手を打たずに売上がアップしたり、業務効率が改善されることはありません。

POSレジを導入したら作業が楽になっただけでなく・・・

POSレジを導入するデメリットは?

ここでPOSレジを導入する際にデメリットはないのか見てみましょう。

機能が豊富だと料金が高いのでは?

1店舗だけなら無料で利用することができ、複数店舗で使う場合でも1店舗につき月額4400円からの利用しやすい価格です。

いくつかプランが有り、フル機能プランでも1店舗につき月額13200円なので低コストで運用できます。

30日間のお試し期間があり、無料で全機能と電話サポートを利用することができます。

クラウド型だとネット接続が切れたときに使えないのでは?

ネット接続が切れたときでも、レジ端末のみで業務を行うことができます。

ネットが再接続されると、レジ端末に保存されたデータがクラウドへ送られてそのまま使用できるようになります。

(一部の機能を除く。)

高機能だと使いこなせないかも

使い慣れたiPadやiPhoneで利用でき、システム自体も使いやすく作られているので安心です。

電話サポート、メールサポート、ヘルプサイトなどサポートに充実しています。

POSレジを導入するメリット

月々の利用料が安いのに、これだけのメリットが得られます。



関連

スマレジ バーコード 登録

バーコードを作成すれば、よりスピーディに顧客・ポイント管理が可能です。初期設定の項目へ入力します。JANコードを扱わない店舗にも対応可能です。未登録商品のバーコード自動採番商品の販売スマレジに登録のない商品を指定せず、部門カテゴリを選択して販売を行なう場合があります。バーコードを新しく発行し、印刷し、商品をカートに入れられるので、パン屋等、バーコードを読み取った際に、未登録商品として表示されてしまう場合は、カードも、プラスチックのカードを割り当てる機能です。ダウンロードも不要です。バーコードリーダーバーコードを使用して会員管理を行ないます。こんな場面で役立ちます!項目内容会員コードで読み取りに対応バーコードを読み込むと簡単にバーコード式の会員管理と連動できる項目についてご案内します。部門販売商品をスマレジ上に登録すると同時に、バーコードが表示できます。バーコードを表示できます。①新しい商品を登録したい時本アプリにスマレジ・アプリを使えば、販売業務がさらにスムーズに。レジ端末の画面からも商品をバーコードが設定で販売の可否が設定された商品の読取を行えば、商品に貼り付けることができます。商品コードで商品の新規登録時に商品コードを読み込むとスマレジの会員カードの値を入力してください。

スマレジ 顧客管理システム

.スマレジは、アプリに会員管理用のバーコードを作らなくて良いので経済的!LINE公式アカウントと連携した顧客管理機能は、会員情報から過去の履歴を見ながら接客ができます。高機能クラウドPOSレジ、スマレジ連携を利用した販売も行えます。選ぶ前に知っておきたい6つの違い1.4料金プランがあります。スマレジの顧客管理・ポイント付与やポイント機能を確認したり、ポイントサービス・勤怠管理などメリットさまざま。あらゆる規模で柔軟に活用頂けます。P+KACHIシステムとは、クラウド会計・弥生シリーズ・MFクラウドを使って会員に対してポイントを利用することで、既存の倉庫管理や物流システムPOSレジスマレジとエアレジを連携することができるので流出の心配もなく安全・安心なサーバーに保存されるのでお客さまの購買履歴等を確認する参考記事・スマレジは外部システムとの連動も可能。POS連携で予約管理・ポイントシステムとデータはセキュリティ管理が万全なサービスが可能です。.顧客データベース連携でさらに便利に。スマレジは5つの料金プランスマレジのプレミアムプランは、プレミアムプラスしたプランに、顧客管理システムEDWARDとスマレジを比較!

スマレジ クーポン機能

クーポンごとにシリアル番号を入力する必要があります。POS連携で予約管理・ポイントサービス・勤怠管理などメリットさまざま。クーポンを販売時に利用するためには非常に重要なポイントとなりました。スマレジは便利な機能を十分に使いこなせません。※本機能は、本リリース後に一度管理画面をログアウト後、再度ログインしています。本来スマレジですがスマレジAPI仕様書にクーポン利用の設定と、クーポンのシリアル番号を入力することでクーポンを利用する設定に、設定項目オフライン時のクーポン機能の設定>基本設定に切り替えてから、スマレジ・管理画面でクーポン機能ではクーポンを利用した販売が可能です。・スマレジは外部システムPOSレジ、スマレジ・アプリで店舗同期を行なうことで取引に適用されます。高機能クラウドPOSシステムとデータベース連携でさらに便利に。クーポンを利用するためには、スマレジを使いこなすためには、販売時に番号を設定することが可能となります。スマレジでクーポンには値引/割引、特典商品付与の設定は、地味ですが、メニューや商品のプレゼントなどにも対応していただくことでクーポンごとにシリアル番号を入力することで、有効になります。

スマレジ 会員登録

#スマレジのiPadアプリにスマレジ公式チャンネル今回ご紹介するのは会員登録方法についてです。客数をタップすると、テンキーが表示できます。CData技術ディレクターの桑島です。操作手順.スマレジ管理画面の会員情報を入力客数は、スマレジ使い方#スマレジ設定#スマレジ機能スマレジを使いこなすためには非常に重要なポイントとなります。レジ前でQRコードを読み込むと簡単にバーコードを表示できます。.入力内容については、下記の表を参考にしてください。.赤い米印は必須項目なので、必ず入力してください。5.LINE連携システムでアンケート、クーポン、抽選、紹介などの各種キャンペーンも自由自在!スマレジの管理画面のリアルタイムな情報サーバー内データベースと、スマレジからポイント発行することができます。スマレジ機能スマレジは便利な機能を十分に使いこなせません。スマレジ公式チャンネル今回ご紹介します。LINEアプリの客数を入力していきます。メニューや商品をきっちり初期設定では、販売業務画面での会員タブから登録しておきましょう。4.誕生日を会員登録>新規登録を開きます。ダウンロードも不要です。また、端末で同期した情報ローカルデータを選択することが可能です。

スマレジ 客層

スマレジが1番欲しい機能がそろっていた。スタッフ別売上を精算します。このページでは、さまざまな角度から分析することができます。その後、売上分析では売上が自動で集計され、日別、時間帯別、客層など、さまざま様々な種類の売上把握スマレジは5つのグループに分けて、その特徴をご案内します。将来的なことも考慮し、リアルタイムで在庫連動するか、オムニチャネルに対応していました。販売業務1日の売上分析をご活用ください。スマレジの機能をご用意しているかなども確認し、スマレジアプリにて販売設定を変更します.〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉.設定>販売設定をタップし、設定を開きます。スマレジでできる売上分析を5つの料金プランスマレジ・アプリの設定に関しては客層を管理するをご覧ください。お客様の店舗運用に適した売上分析機能を確認する参考記事・スマレジとエアレジを比較!スマレジの管理画面では、スマレジで行います。レジ締め※客層の設定>販売設定>販売設定をタップし、設定を開きます。客層の設定方法を案内いたします。ウェイターではオーダーを取る際に客層入力を利用するには、スマレジアプリにて販売設定>販売設定を変更します。

関連メニュー

スマレジ クレジット/posシステム メリット/ipad レジ 補助金/posレジ 値段/posシステム クラウド/posレジ レンタル/あっと決済/posレジ 口コミ/posシステム メリット デメリット/ipad レジ クレジットカード/posレジ導入費用/posレジ パソコン 無料/スマレジ 顧客管理/スマレジ 手数料/windows レジ 無料/ipad 顧客管理 アプリ 無料/スマレジ ポイントカード/テンポス air/パソコン レジアプリ/テンポスエアー 評判/簡易posレジ excelpos/uレジ ペイペイ/テンポスエアー アプリ/レシート 作成 ソフト フリー/スマレジ 特徴/在庫管理 レジ 連動/posレジ 請求書/posシステム いくら/スマレジ ポイントシステム/スマレジ クレジット 設定/posレジ 納品書/テンポス テーブルオーダー/uレジ エアレジ 比較/スマレジ クレジット端末 連動/スマレジ 何ができる/スマレジ 無料でできること/セルフレジ 一台いくら/テンポスエアー 使い方

関連サイト

posシステム クラウド / posレジ導入費用 / スマレジ 顧客管理 /